京王線COCOボーカルがお届けする「声のお話」

みなさんこんにちは、久保です!
 
おしゃべりや歌をうたった時に声がかすれる、かれる、と言う経験をされた事はありませんか?
 
その原因の一つとして「声の通り道が狭い事」が考えられます。
通り道が狭いと、声が出しにくい…声がれしやすい…と言う事が起きやすいのです。
 
それを解消するために普段レッスンで行っているトレーニングが
”のどあけ“です。
 
声の通り道を作るため、”のどを開く筋肉“を鍛えるのに有効なトレーニングなのですが、普段おしゃべりする時に、あまりこの筋肉は使わないため会話の中では鍛えにくいのです。
 
その”のどあけ“ですが、その他にもいい効果があります。
実は・・・
 
声を出すうえで大事なだけではなく
物を飲み込む力と、間違って気管に入りそうになった物を吐き出す力を鍛えるのにもとても有効なのです。
 
お年寄りになるとその力が衰えて、飲み込む事が困難になったり、気管に入ってしまった物を吐き出すことが出来ず、そのまま肺に入るというような事が起きます。
そうすると後々病気になったりと、いい事ないですよね?
 
”のどあけ“をしっかりと行えばそれを予防出来るんですよ。
 
今からでも遅くありません!
しっかりと”のどを開く筋肉“を鍛えて健康維持していきましょう。