危険です、、、

と思ったらドライマウスかも!?


ドライマウスとは「乾いた口」という意味の英語ですが、

日本語では従来から「口腔乾燥症」と呼ばれています。


様々な原因によって、唾液が出てくる量が低下し、口の中が乾く病気の一つ。

「パンやビスケットが食べにくい」「口臭が気になる」「虫歯が増えた」

「味がおかしい」「舌が痛い」「会話がしにくい」などの症状があります!

せっかくのごはんが美味しくないなんて絶対に嫌だ!

お口が臭いっと思われてたらどうしよう!?

 

そんなことになりたくないですよね?

いい解決方法が実は身近にあるんです!

 

まず、どうして唾液が出にくくなるかというところから簡単に説明します。

大きくあげますと、ストレス偏食喫煙副作用加齢などに原因があります。

あまりむずかしく考えず、とにかく唾液を出しやすくすれば、

食事も美味しく食べられるし、口臭嫌われる事もなくなるんです!


じゃあどうすれば唾液が出やすくなるか、

実は・・・

うたえば、唾液の出てくる量が増えるんです!

例えば、ある実験の結果ですが、

何もしてない状態で15分間唾液を出し続けると、

2.6ミリリットルほどたまったそうですが、

一青窈の「ハナミズキ」をうたった後は・・・

なんと5.8ミリリットルも唾液が出てきたそうです!

倍以上ですね!!

 

好きな曲をうたうのも、もちろん効果があるのですが、

もっと効果の高い曲というのがあるのです。

ポイントは・・・

 

歌詞が多く、早口のあのヒット曲!

おすすめの曲ベスト3は・・・


3位広瀬香美「promise

 

2位Dream5「ようかい体操第一」!!

     (妖怪ウォッチのエンディングテーマ)

 

1位ポルノグラフィティー「アゲハ蝶」!!!

 

3つとも歌詞が多く、早口で歌う曲です。

口の中をいっぱい動かす事によって唾液が出やすくなるんですね♪

ようかい体操」を歌うと唾液分泌量なんと8.0ミリリットルと、

もうドバドバ状態になったそうですよ!

すごい効果


歌うことにより、が上手くなるだけではなく、唾液が多く出ます。

唾液が多く出ていると、口臭口のパサつき舌のひび割れ感から虫歯歯周病

 

味覚障害感染症にもかかりにくくなり、

風邪インフルエンザ予防にも役立ちます。

いい事だらけですね

皆さんも是非歌詞が多く早口でうたう曲にチャレンジしてみてくださいね♬