これ、何に使うか、知ってますか?

正解は、「ギターのチューニングに使う♪」でした。


最近はこれを使ってチューニングすることも減ってきましたが、以前はこの「音叉」

を使ってギターのチューニングをしていたんです。


この棒をたたいて振動させて、丸っこい部分を耳に当てると「ラ」の音が聴こえるんです。その音と、ギターの5弦の音を一致させる。そこを基準に他の弦もあわせていく。と言う使い方。


けっこう手間がかかるし、耳が良くないと使うのが難しい道具。

今はチューナーであわせることがほとんどなので、この「音叉」は便利な時代と共に

身をひそめることとなりました。


私はこのフォルムがかわいくて好きです。 by  岩渕