聴こえやすい声で差を付ける!

相手に聞き返された事はみんな1度はあると思います。


「え、今なんていったんですか?」


このやり取りは、聞き返す方も気を使うし、聞き返された自分も面倒だし…

やはり無い方がいいですね。


聞き返されないためには、


「相手に聴こえやすい声で話す」


当たり前ですが、、、これが出来ればいいんですよね。



では聞こえやすい声とは??



人間の耳の構造上、聴こえやすい周波数は3000ヘルツあたりが聴こえやすいとされています。


3000ヘルツとは、ざっくり言うと1秒間に3000回の空気振動が起きた

事を言うのですが、1秒間に3000回空気を振動させる声は、日常会話では

ほとんど出さない「すごーく高い声」です。


88鍵盤のピアノでいうと、一番高い「ソ」の音になります。

こんな高い声、日常会話で出していたら逆に変な人かもしれません・・



ここで一度、うるさい声、の人を思い出してみます。



検索したところ、出川哲郎、勝俣州和、山崎邦正さかな君、などが出てきました。


確かに、うるさく感じられるのかも知れませんが、、、

これって言い換えると、「聴こえすぎる」なんです。

皆さんによく聴こえるいい声である!ともとれるんです。


こちらの皆さんの声の特徴は、まずボリュームが大きめです。

これは聴こえやすい条件の一つですが、ボリュームだけ大きくても

聴こえやすいとはいきません。


大事なのは「声の高さ」


こちらのみなさん、声のトーンが高いんです。特にさかな君(笑)

3000ヘルツとはいきませんが、それに近いから聴こえやすいんです。



本題に戻ります。


どうしたら聞こえやすい声になるか?と言うと


高めの声で話すようにすると相手に聴こえやすくなります。


高い声=周波数が高い=人間の耳に聴こえやすい、となります。


口角を上にあげて、明るい声を出すぞ!

と意識すると高めの声になりやすいですよ。


大きい声を出すよりも、聴こえやすくなる効果があります。さらに相手に元気な印象を与える事も出来ますので、ぜひやって見てください♪



本日は、岩渕 徹でした。