マイクの有効な使い方

歌には欠かせないアイテム

 

「マイク」

 

いつも何となく使っている「マイク」ですが、

このマイクを使いこなすだけで、歌が少し上手く聞こえるんですよ♪

 

 

まずはマイクの構造を見てみましょう。

 これはマイクの先端の網目の部分を外した時の写真です↓

よく見ると、マイク先端の1部分だけがスポンジのようになっていて、

その周りは硬い枠で覆われています。

 

マイクは先端のスポンジ部分で音を拾うように出来ていて、

それ以外の部分からは、音を拾えない作りになっているんですね。

 

声(音)には直進性があります。

声を出すと、その声はまっすぐに進んで行き、障害物にぶつかった時に、散らばって反響する。と言う仕組みになっています。


なので、マイクをこんなふうに使ってみましょう。

上の使い方が一般的ですが、これでもマイクは声を拾ってくれます。

けどマイクを通り過ぎてしまう声も多いんですね。


下のようにすると、今までよりも効率よく音を拾ってくれるようになりますので、

より鮮明に、自分の声を大きく出来る、という事になります。


声が小さい方や、マイク乗りが悪い声質の方には、特にオススメですので

試してみてくださいね!


本日は、岩渕 徹 がお届けいたしました。


余談ですが、当教室のキャラクター「ココボー」はマイクの着ぐるみをきてます。



過去の記事はサイトマップよりご覧頂けます。