歌を引き立てるリズム感♬

ボイストレーニングでは、呼吸や、声の出し方や、喉の使い方を練習して、歌声をレベルアップさせるトレーニングが主に行われます。

 

音域が広がったり、声量がUPしたり、歌唱テクニックが身についたりと、

歌をレベルアップさせるのには、とても効果的です♪

 

でも、それ以外にも、上手く歌う為の大切なポイントがあります。

 

「リズムに合わせて歌う」

 

これが、聞く人が気持ちよく聞けるかどうか、に大きく関わってきます。

 

 

カラオケを歌っている時、音程を正確に歌おう!

という事はあると思いますが

 

リズムを正確に歌おう!

と意識する事は少ないと思います。

 

なぜなら、

 

リズム感が良い=歌が上手いとは考えにくいからです。

 

しかし、カラオケの伴奏にはほとんどの場合、一定のリズムがあり

そのリズムからズレて歌ってしまうと、聞いている方は、

どーも気持がちよくないんです。

 

一定なリズムが正確に保たれると、それを聞いた(感じた)人は

心地よいと感じるようになっています。

 

さらに、その一定のリズムに、安定した強弱が加わる事で

人間は更に心地よいと感じるようになっています。

 

逆に、一定に流れる中で、ズレを感じると人間は違和感を感じます。

 

カラオケの伴奏にはほとんどの場合、強弱の付いた、一定のリズムが

入っていますので、それに歌をぴったりとのせる事で、

聞く人はメロディー&一定のリズム、に心を奪われるんですね。

 

伴奏のリズムは、ドラム、パーカッション、電子楽器、の音で構成される事が多いのですが、アコースティックバージョンやピアノのみで伴奏される曲もあります。


そんな場合でも、一定のテンポはキープされていますので、思いのままに自由に

歌ってしまうと危険です。。

 

曲のリズムを上手くとらえる為には、


曲のカラオケを流して、歌わずに聞いて、ドラムの音だけにに耳を傾けてください。


そして一定のリズムが刻まれているのを確認したら、それに歌詞をのせるように

すると、心地よい歌になってきますのでやってみてくださいね!

 

ちなみに、バラードと呼ばれる多くの曲が、「テンポ60〜80前後」の速さで作られてるのは、人間がリラックスしている時の心拍数に合わせているからなんです♬


過去の記事はサイトマップからご覧頂けますので、ぜひご覧下さい!