「声質」と「話し方」で好かれる!

当教室では、ボーカルレッスンとは別に

 

「滑舌、話し方レッスン」

 

もおこなっておりまして、

 

こちらのレッスンの中では、


 

□ 滑らかな滑舌を身につける

 

□ 環境にあわせた声を出せるようになろう

 

□ 聞き取りやすい話し方


 

など、口元や舌の運動神経をUPさせる練習や、声質を操る練習をするのですが、

 

相手に好印象を与える為には、「どんな声で話すか」だけではなく、

 

 


「言葉選び」がとても重要です。



 

相手にどんな言葉を投げかけるかで、コミニュケーションの質が大きく変わってくる事はみなさんご存知の通りで、、

 

言葉が持つ力はかなり大きいですよね。


なので言葉選びが上手い人は、コミュニケーションが上手い


とも考えられます。




心理学では、


「人間のストレスのほとんどは対人関係から発生する」


とも言われますから、やはりコミュニケーションは上手い方がいいですよねっ。





相手に嫌な思いをさせない上手い言葉選びの基本として



感情的に思いを伝えないで、感情を言葉で表現する



という方法があります。



特に怒り、苛立ち、などの感情は強いパワーがあるので、ついつい感情が前に出てしまいがちです。


そうなると、大切な部分の伝達力がかなり落ちます 。



例えば


なんで分からないのっ??


を、


○○してもらえなくて私は残念に感じたよ。。


というふうに自分の感情の中で起きた事件を、正直に伝えると

相手も受けとめやすくなります。



例えば


どうして同じミスをするんだ!!


を、


これは大事なことだから、しっかりと覚えて欲しいんだ。。


などなど、感情を冷静に言葉に変換するように意識すれば

コミュニケーションが円滑になるのではないでしょうか。


感情を押さえるのは大変難しい事ですが、ぜひお試し下さい。