人前で緊張しない、簡単な方法

11月29日(日)は今年最後の発表会があります。

 

この日は、音楽以外での発表もOK!

 

例えば、

 

□手品  □漫談  □ダンス  □朗読  □寸劇

 

のような発表でもOKです♪

 

今年最後の発表会なので、なんか面白い事もまぜて

みんなで楽しく遊んじゃいましょう!

 

個性溢れる発表、お待ちしております!

 

 

発表会が近くなると、「ステージで緊張しない方法はないですか?」

 

という質問が多くなります。

 

緊張の症状は人それぞれ異なってきますが

 

「胸がドキドキする」「声や手足が震える」

 

などが一般的な症状です。

 

緊張すると、どうしてこんな症状が現れるかというと、、

 

人間の体は緊急事態を感じると、それに対応できる体の状態を作ろうとして

 

「心臓が体中に血液を送り、その事態に備えはじめます。」

 

「さらに事態に備えるべく、自律神経が活発になります。」

 

なので、胸がドキドキしたり、体が震えたりするんですね。

 

じつは緊張がもたらす体の変化は、人間の本能がもたらす自然な働きで

とっても良い事なんです!

 

これから起こる事態に対応するべく、体が自動的に変化して対応してくれる。

なんて素晴らしい人体のメカニズムでしょう!

 

そう考えると、緊張感とも上手く付き合っていけるのではないでしょうか。

 

人前でドキドキしたり、震えたりしたら、まずは自分の体が

この環境に対応してくれたるんだなっ、と自分の体を心から

褒めてあげてくださいね! 

 


過去の記事はサイトマップよりご覧頂けます。