モノマネってどうやるんですか?

モノマネ大会をよくテレビで目にしますが、

 

みんな本当によく似ています。。

 

仕草や雰囲気をマネて本人っぽさを出す方もいますが

声を本人そっくりに作る方も多くいらっしゃいます。

 

上手い人は、目を閉じて聞くと本人とあまり変わらないくらい似てます。

 

 

どうやったらあんな風に色々な声をつくれるんでしょうか??

 

 

声質は、「声の響き方」で大きく変化します。

 

響かせ方を操れるようになると、簡単に色々な声を出せるように

なるんです!

 

声の響くポイントはざっくり大きく分けると

 

 

胸、口、鼻、です。

 

 

発声練習では、チェストボイス、ミドルボイス、ヘッドボイス

 

なんていう呼び方をしますが、

 

それぞれに響きを作れるように練習するんです。

 

これが上手に出来るようになると、強い声や優しい声、聞こえやすい声や

くもった声などなど、色々な声質を出せるようになってくるんです!

 

例えば、

 

胸にしっかり声を響かせると、千の風になっての秋川さん

みたいな声に似てきます。

 

響きを口に集中すると、ミスチルの桜井さんや、女性だと椎名リンゴさん

のような声に似てきます。

 

鼻に響かせると、平井堅さんのような優しい声を作れたり

鬼束ちひろさんみたいな個性的な声質も作ることが出来ます。

 

さらに鼻に集中させると、井上陽水さんや瀬川瑛子さんみたいな

声に変わってきます。

 

何となくイメージできますでしょうか。

 

声は響かせるポイントで大きく変化するので、

響きを操れるようになると色々な声が出せるという事になります。

 

そろそろパーティーのシーズンなので、なにか一つモノマネが出来ると

その場が一気に盛り上がるかもしれません♪

 

似てないと残念な感じになるので、少し練習してからトライしてくださいね!

 

ちなみに僕は、スポンジボブ(アメリカのアニメ)のモノマネが得意なのですが

スポンジボブを知っている人が少なくて、、勇気を出して披露しても

へんな空気になることが多いです。

 

以上、岩渕でした。