手軽にできる認知症予防

先日、宮崎市で車が歩道を暴走して、歩行者7人を死傷させる

という事故がありました。


テレビでは、潰れた車がさかさまに転がっている映像がながれて

いて…。なんとも恐ろしい事故です。

 

運転していた73歳の男性は、過去に「認知症」で治療を受けていたことが

分かったそうです。


私岩渕の祖母も、亡くなる1年前くらいに認知症になって

色々大変なこともあったので、、今回の事故は他人ごとではないように感じました。

 


厚生労働省研究班の調べによると


 

□65歳以上の認知症の人数は


推計15%、2012年時点で約462万人。

 

□さらに、認知症の可能性がある軽度認知障害の高齢者は


約400万人との推測で65歳以上の4人に1人が

認知症か予備軍になる計算だそうです。



かなり深刻な社会問題に発展しそうな気配です。。


社会問題と言うか、将来の自分にも可能性はあるので、

無視することは出来ない問題です。



認知症の予防には


食生活を「和食中心」にするのが良いそうです。


特に、魚、納豆、椎茸、などは認知症の予防に効果的とされています。


食は全ての源というので、やはりバランスの良い食生活が健康につながるんですね!



そして最近、認知症予防に良いと注目されているのが



「カラオケ」なんです。



カラオケを歌うと


脳や体の機能が活性化されて、認知症の予防になることが

多くの研究機関で検証報告が発表されています。



カラオケを歌うと、


自律神経が安定します。そして血圧を下げて安定させる効果もあります。


血圧が高いと、動脈硬化を促進させて、脳出血や脳梗塞のリスクが上がります。


なので、歌って高血圧を予防すれば、脳血管性の認知症にかかる

リスクを減らすことができます。


さらに、カラオケは「脳トレの効果」が高いそうです。


声をリズムに合わせて発声して、更に歌詞も次々に出てきて、

音程も絶えず変化して、それをいっぺんにやるわけですから、

脳はとても忙しく活動することになります。


なので歌っている時は、自然に脳が活性化しているんですね♩

これが認知症予防にはとってもいいんです!


最近、中野区とカラオケの第一興商が共同で、カラオケを通じて高齢者の

健康維持を図るモデル事業を展開しているようです。


本格的に、歌が高齢者の健康を救う日がやってくるかもしれないですよ!


もし皆様の周りに、65歳の方がいらっしゃいましたら、認知症予防の為にも

ぜひカラオケをオススメしてください!