お仕事は「声」が重要!?

今日は寒いです。

 

私岩渕は、ヒートテックのタイツと長袖シャツを着て出勤したのですが、

体温を守りきれていなくて、どうも良い声が出てきません。。。

 

自分としては、いつも明るく元気な声で仕事をしていたいのですが、

こんなに寒いとなかなか喉が言う事をきいてくれない事も多く、、、

イメージダウンするのではないかと心配になります。

 

 

心理学では「声が相手に与える印象は約60%」

 

 

と言われています。

 

けっこう大きな割合で関わっているんですねっ

 

そういえば、相手の声を聴いて「あれ、今日は元気がないのかな」とか「張り切ってるな」と感じ取れる事は多いですよね。

 

人間はずっと「言葉」を第一のコミュニケーションツールとして生きていくので、その中に隠れた感情的な意味合いを自動的に読み取る事が出来るようになっています。

これは、知らず知らずに全員が身につける特殊能力といえるんです。

(全員が身につけるのであればもはや特殊ではないのですが、、なんかそう表現したくなりました)

 

なので朝の一言「おはようございます」の言い方一つで、相手に与える印象がガラッと変わります。

 

今日はちょっとダルいなぁって日でも、大げさに明るく元気に挨拶した方が、その日のコミュニケーションの雰囲気が変わってくるんです☆

 

自分では結構しっかりと表現しているつもりでも、相手からすると普通。

なんてのはよくよくある事で、、

 

教室のレッスンでは「歌やナレーションをレコーディングして、自分の声を客観的に聴いてみよう」というレッスンをするのですが、大げさに抑揚をつけてやってみましょう!といってトライしても、聴いてみると一本調子で普通、、、なんて事がとっても多いんです。

 

ポイントは「自分が思っているよりも少し大げさに」

 

これが良い印象を与えるきっかけになりますよっ

 

もし「ありがとう」という時があれば、すこし大げさに声に出してみましょう!

 

「おつかれさま」をいうときは、明日もよろしくねっ!なんて付け加えてみてはいかがでしょうか!

 

声から始める自分磨き、ぜひトライしてみてください♪