ドップラー効果って??

近、救急車のサイレンをよく聞きます。

 

僕が青森で生活していた時は、こんな頻繁にサイレンなんて聞かなかったんです。

そりゃ住んでいる人が少ないから当たり前なんですが、、

 

このごろほぼ毎日聞こえたので、この時期は体調を壊す方が多いのかなって、救急車事情を調べたら、、

 

救急車の出動件数は年々少しずつ増え続け、年間で598万件くらいあるんですって。

 

高齢化の影響が大きいみたいなんですが、たいした事なくても救急車を呼んでしまう方も多いそうです。

 

1回の出動につき4万円ほどのコストがかかるそうで、有料化に向けての動きもあるみたいです。

 

とはいえ、救急車事情を書きたかったのではなく、

 

 

救急車が通り過ぎたとき、サイレンの音が変化するのはなぜか??

 

 

という音についての事です。

 

 

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、

 

 

あれがドップラー効果なんです。

 

 

って空気の振動で出来ていて、鼓膜がその振動を感じ取り音に聴こえる。という仕組みです。

 

空気の振動が大きければ大きな音として認識されるし、空気振動の波が早ければ、高い音に聴こえる。

 

 

空気がどのように振動したかで、音質や強さがほぼ決まるんです♩

 

 

救急車は走りながらサイレンを鳴らしていますので、音の発信源が動いている。

という事になり、距離によって空気振動のとどき方が変わるんです。

 

なので、近い時は振動がちゃんと伝わってきて普通の音に聞こえ、離れると振動がゆるくなり低く小い音に聴こえるようになるんです。

 

人間の声と置き換えても同じ事で、距離が近いと空気振動が耳に伝わりやすいから聴こえやすい。遠いと振動がとどきにくいので聴こえないんです。

 

 

ちなみに、声がうるさい芸能人?でよく出るのは、さかな君や出川哲郎さんなんですが、なんでうるさいかというと、聞こえやすいからなんです。

 

そう考えると、うるさい声も良も声といえますね!