高い声ってどうやって出すの?

ッスンの中で、お客様からいただくリクエスト

 

一番多いのは

 

地声で高い声を出したい!!

 

 これが一番多いんです。

 

 

じゃあ、どうやったら高い声が出るのか?

 

 

答えを先に言っちゃいますね。

 

 

「声帯の振動するスピードを早くする」

 

 

これが答えなんです。

 

 

ざっくりとした答えですが、、

 

これが正解なんです♪

 

 

けど、声帯の振動スピードを早くしてくださいって言われても、どうしたら早くなるのか、、、そもそも声帯の振動スピードってなにっ??て思いますよね。

 

 

こちらが声帯を真上からみたイラストです。

みなさんの喉にもこれが付いてるんですよ!

 

この真ん中のヒダが振動して、声の元になる声帯原音が作られます。

 

その声帯原音が、口で言葉に作り替えられて飛び出していくんですね。

 

この声帯が、素早く振動してる時は声が高くなる仕組みです。

 

逆に遅く振動してる時は低い声になります。

 

 

高い声を出す為には息をたくさん出す!

 

とか、、

 

頭のてっぺんから声をだすイメージをする!

 

なんて言われたりもしますが、それは高い声に直接関係するものではなんですよ。

 

物理的に高い音が出る仕組が決まっていて、振動数で音の高低が決定されるんです。

 

 

 

えば、ギターを思い浮かべてください。

 

ギターで高い音を出すときはどうしますか?

こんな感じで、細い弦の下の方をおさえますよね。

 

低い音を出す時は、逆にこんな感じで、

太い弦の上の方をおさえますよね。

 

この時に何が起こっているかと言うと、

 

細い弦を弾いた時は、弦の重さが軽いからすばやく振動するんです。

さらにフレットの下の方をおさえる事で、弦が短くなり、振動数が早くなるんです。

 

太い弦を弾いた時は、弦が重くて遅く振動する。さらにフレットの上の方をおさえる事で弦が長くなり振動数が遅くなる。

 

これで音の高さが変わっていくんです。

 

なので、

 

声を高くするには「声帯」の形を、ギターの細い弦でフレット下の方を弾いた状態に近づければいいんです。

 

 

そのためには、声帯の周りにある筋肉を鍛えるが必要があります。

 

声帯の形を変えてくれる筋肉が十分に育つと、高い声を出す為の声帯の形を上手に作れるようになります。

 

声帯の形が、高い声用にならない限り、いくら頑張っても高い声には変わりません!

 

なので、声帯を動かす筋肉を鍛えましょう!

 

適切な筋トレをすれば、高い声は誰にでも出せるようになりますよ!

 

喉の筋トレはCOCOボーカル教室に任せ下さい。

医学的根拠に基づいた適切な喉の筋トレで、自由に高音を出せるようになります。

 

ボイトレお申し込みはこちらから

 

すでに教室に通ってくださってるお客様は、講師にリクエストしてくださいね♪