ボーカル教室講師が教える!音痴はリズムトレーニングで治る!

音程が全くとれずに自分には音感が致命的に無いと決め付けている方、

 

もしかしてリズムがずれていませんか?

 

本当に音程の高低が全く分からないという人はほとんどいません。誰でも適切なトレーニングを行えば、普通に音程を合わせて歌えるようにはなるんです。今回は音程が全然取れないというケースの原因として多い

 

「リズム」

 

その重要性と改善方法についてご紹介します!

 

 

音痴の原因はリズムのずれだった!?

 

さて突然ですが、「お笑い芸人歌がへたな王座決定戦」のようなバラエティ番組を見たことがあるでしょうか?

 

どこの音程を取っているのかすら分からず、ふざけてやっているのかと思ってしまう程ですが、こういった歌へたな人たちに多く共通する点があります。

 

勘の良い方はお気づきかもしれませんが、、

 

リズムが全く合っていないんですね。


極論かもしれませんが、リズムがぼろぼろで音程が完璧という人は存在しません。というのも歌はリズムと音程の集合だからです。

 

逆に言うと、リズムが原因で音程が合わない方は、リズムさえ改善すれば音程が取れるようになるということですね。

 

リズムを安定させて歌うための練習方法

 

リズムが原因で音程が取れないのであれば、リズム感を鍛えよう!ということで、リズムを取りながら歌うための具体的な練習方法を見ていきましょう。

 

課題曲を決める

まずは歌いたい曲を選びましょう。これを歌いたい!と思う好きな曲にするのが一番です。

 

ドラムの音を徹底的に聴き込む

歌いながらリズムが取れない人は、リズム隊の音を聴けてないことが多いです。一番分かりやすいドラムの音を意識しながら、繰り返し曲を聴いてリズムを身体に覚えさせましょう。

 

リズムに合わせて身体を動かしてみる

ドラムの音を意識しながら一曲通して手で身体を叩いてリズムを取ります。難しい場合、メトロノームのテンポを曲と合わせて、視覚的な補助を使いながらやってみてもいいかもしれません。

 

ボーカルを歌う

手でリズムを取りながらボーカルを歌います。この時音程や発声はあまり重視しなくても大丈夫なので、とにかくリズムが狂わないことを意識してみましょう。

 

ポイントは歌うことや歌詞を追うことに夢中にならず、とにかくしっかりと曲を「聴く」ことです!リズムさえ取れればきっと音程も合ってくるはずなので、ぜひリズムトレーニングをしてみてください。

 

COCOボーカル教室では無料体験レッスンも実施しているので、直接のご相談ももちろん大丈夫です!

 

無料体験レッスンのお申し込みはこちらです。