会話で好印象を与える声とは?

少し前まで面接のシーズンで、当教室にも面接対策としてボイストレーニングをしにくる方が結構いらっしゃいました。お客様からは「どうやったら印象よくなりますか?」という質問がとても多いです。

 

声が相手に与える印象は45%とも言われています。

 

人間が、相手をどのように感じ取るかというと

 

目で見る視覚情報から55%

 

話す内容などの言語情報から7%

 

声などの聴覚情報から38%

 

と言われています。

 

これを見ると、声からの情報が非常に多い事が分かります!

 

話す内容が7%で、声などの聴覚情報が38%と言う事は

 

 

どんな言葉使いをするか?よりも、どんな声で話すか?の方が大事ということになります。

 

 

どれほど適切な言葉を選んで相手に話したとしても、その声に入っている感情が良くなければ相手には良い印象を与えません。

 

もちろん会話の中で言葉使いは重要です。例えば面接で乱暴な言葉や失礼な言葉使いをしてしまうと、不合格になってしまうのは当然ですが、お手本通りの言葉使いで話せたとしても、それが棒読みだったり、弱々しかったりすると、相手にはその裏に隠された感情が自然に伝わってしますんです。

 

人間は生まれてから死ぬまで、ずっと言葉を第一のニュニケーションツールとして愛用していくので、言葉には凄く敏感で、相手が話した言葉にどんな感情が入っているかを自然に読み取ってしますんです

 

相手に良い印象を与える言葉使いやテクニックは沢山あるのですが、なによりも大事なのは

 

「その言葉通りの感情が入っているのか?」が一番大切です。

 

言葉に感情をのせるためには?

 

例えば面接で自分の良さをアピールする時、あらかじめ考えておいた文章を一字一句間違えずに言うぞっ!と思うのではなく、文章は間違っても良いいから、自分にはこんな良さがあるぞ!!という気持ちを全面に押し出すようにしましょう。

 

自分の良さを高々と宣言するのは、けっこうテレますし、恥ずかしさもありますが、話す内容よりも、それをアピールするぞっていう気持ちの方が先に相手に伝わっていくんです。

 

日常生活でも同じ事で、どんな言葉で伝えるかよりも、どんな気持ちを伝えるかを大切にすると、相手に好印象を与える事につながりますので、ぜひお試し下さいね!

 

 

以上、本日は岩渕がお伝えいたしました。

 

 

過去の記事がサイトマップよりご覧いただけますので、お時間ある時にぜひのぞいて見てくださいね!