さよならプリンス

4月21日、世界的に有名なアーティストである「プリンス」が57歳で亡くなりました。

 

本名プリンス・ロジャー・ネルソン。

84年に発表したアルバム「パープル・レイン」は全米で1300万枚を売り上げる大ヒット作に。アメリカ音楽界最高の栄誉とされるグラミー賞を7回受賞したほか、アカデミー賞も受賞。これまでのアルバム販売数は1億枚を超えている。04年には「ロックの殿堂」入りを果たし、この時点ですでにアメリカの音楽界における伝説的存在だった。

 

私岩渕も、プリンスの音楽を聞いてめっちゃカッコいいなっ!!影響うけました。

プリンスは自分であらゆる楽器を演奏して、更に楽曲のに関するほとんどの作業を自分でやってしまうという、いわゆる天才と呼ばれる存在でした。

 

僕もそんなプリンスにあこがれを抱き、歌もピアノもギターも練習していた時期がありました。どれも中途半端でしたが、、、

 

どうして亡くなってしまったかは明らかになっていないそうなんですが、亡くなる直前の6日間、一睡もしないで仕事に打ち込んでいたそうです。それだけ音楽が好きで音楽に人生を捧げていたということでしょうか。

 

プリンスの死には世界中が悲しんでいるようで、スティービーワンダーやマライキャリー、ミックジャガー、レディーガガ、という世界的ミュージシャンも追悼のコメントをよせているそうです。

 

本当に残念です(涙)

 

今日は惜しまれつつ亡くなったプリンスのお話でした。