声帯って、鍛えられるの?

声帯を強くする為にはどうすればいいですか?

 

そんな質問をたまにいただくのですが、声帯の存在は知られていますが、その正体についてあまり知られていないんです。

 

そこで今日はみんなの喉に付いてる「声帯」のご紹介です!

 

 

まず声帯のある場所ですが、こちらの絵で確認してください。

横から見るとこの位置に声帯が付いています。

 

この声帯を真上から見ると、こんな形状になっています。

肺から息が送られてきて、この声帯を通過する時に左右のヒダが振動して声の元になる「声帯原音」が作られるんです。

 

声帯原音ってどんな音かというと、声とは全くかけ離れたブザーみたいな音なんだそうです。アヒルの鳴き声にも似てるみたいなんですが、特別な設備がないと聞く事は出来ないので、そんな感じなんだなって想像しておいてください。

 

声帯原音は小さな音なのですが、それが喉や口で「声」に作りかえられて発声される仕組みになっていて、実に完成された人体の奇跡といえます。

 

声帯原音を作る左右のヒダなのですが、これが「粘膜組織」で出来ているんですね。なので声帯を鍛える=粘膜を鍛えるという事になります。残念ながら粘膜を鍛える事は出来ませんので、声帯自体を鍛える事は出来ないという事になります。

 

声帯を鍛えるのではなく、声帯を動かす為の筋肉を鍛える!

 

粘膜をトレーニングして強い喉を作る、なんて事ができればいいのですが、そんなことは出来ません。しかし、

 

声帯を動かす為の筋肉を鍛える事で強い喉を作る事ができます!

 

そしてその筋肉が声帯をスムーズに動かしてくれるようになれば、自分の思い通りに声が出せるようになるんですよ!

 

例えば高い声を出そうとすると、

 

1、声帯の周りの筋肉が動いて声帯が高い音を出す形に変化する。

 

2、そこに息が送られてきて高い声用の声帯原音になる。

 

3、喉や口で声になって高い声として出る。

 

この順番です。

 

なので1つ目の、声帯をその形にしない限り高い声は出ないんです。息を強くはいたり、喉や口の形を変えたりしても、声帯の形が変わらなければ全く意味がないんです。大切な事は、声帯の形をスムーズに変えてあげる事なんです。

 

声帯を動かす為の筋トレで大切なのは輪状甲状筋を鍛える事です。

 

輪状甲状筋の事を丁寧に説明すると、少し長くなるので今日はやめときます。簡単に言うと声帯を引っ張る為の筋肉です。声帯は伸び縮みして音を変化させる事が多いのですが、まさにこの伸び縮みさせる為に必要な筋肉です。

 

トレーニングの方法はいくつかあるのですが、自分でも出来る方法として「喉を開けて声をいっぱい出す」これが有効です。当教室のお客様は皆さんご存知の基本的なトレーニングですね。実はあのトレーニングは輪状甲状筋を鍛える事にもつながっているんですよ!!

 

もし歌う機会がありましたら、最初の1曲はキーを低めにして、喉を開けて歌うようにしてください。そうする事で輪状甲状筋のウォーミングアップになりますので、ぜひお試し下さいね!

 

今日は少し文字が多く、硬い文章になってしまいましたが、声帯を鍛えず声帯を動かす筋肉を鍛えようっ!でした。

 

お付き合い下さって誠にありがとうございました! 岩渕より。