腹式呼吸で歌が上手くなるのか?

発声練習では基本中の基本「腹式呼吸」

 

一般的に知られている声の出し方で、一番最初に出てくるのはこの腹式呼吸ですよね。

 

腹式呼吸とは、胸を動かさずにお腹を膨らませるように空気を吸い込む呼吸法なのですが、

 

みなさんは腹式呼吸で歌が上手くなると思いますか?

 

当教室のレッスンでも腹式呼吸を練習するのですが、腹式呼吸を丁寧に練習して上手くなってきたところで、「腹式呼吸が出来るようになってきましたが○○さんの声は良い声になりましたか?」と聞くと、ほとんどの方が「実感が無いです」とか「変わってないような気がする」と答えるんです。

 

これは実際に腹式呼吸を練習してみた、お客様の正直な感想なんです。

 

ということは、腹式呼吸=良い声になる、とは考えにくいと言う事になりますね。

 

ひょっとして僕(岩渕)のレッスンが悪いのでは!?と思う方もいらっしゃるかもしれないですが、COCOボーカル教室を作る前、いくつかの学校で講師を担当させて頂きましたし、講師を育成する経験もさせて頂きましたので、そこまで変なレッスンをする事はないと思います(笑)

 

 

確かに腹式呼吸には、良い声につながるメリットがありますが、腹式呼吸を使えば良い声が出ると断言する事はできないんです。

 

腹式呼吸のメリットは

 

1、体の余分な力を抜いてくれるリラックス効果がある

 

2、深く息を吸い込む事が出来る

 

3、吸った息をコントロールしやすい

 

などがあります。

 

逆に胸式呼吸で息を吸うと、呼吸が浅くなりがちだったり、喉に力が入ってしまったりと良い声の邪魔をしてしまう事が多いので、やはり歌を歌う時は腹式呼吸がベストなんですね!

 

じゃあ、なんで、多くのお客様が腹式呼吸を練習しても良い声が出た実感が無いのか?というと「声の出る仕組み」に秘密があるんです。

このイラストをご覧下さい。

 

腹式呼吸で吸った息が、喉と口を通って声になって飛び出していく。これが声の出る仕組みです。

 

必ず喉と口を通って声になるんです。

 

という事は、腹式呼吸を完璧にやったとしても、喉や口が整っていなければ良い声は飛び出さないというう事になります。

 

例えばこちら

蛇口をひねって水を出したとしても、ホースがどこかで詰まっていたり、出口が塞がっていたりすると水が上手く出ません。それと同じ事なんです。

 

腹式呼吸が良い声につながることは間違い無い事実です。でも腹式呼吸をすればいい声になると思い込むと危険です。腹式呼吸と喉と口の形が整ったところでようやく気持ちの良い声が出てくるようになりますよ♪

 

腹式呼吸をしっかり練習しているのに、歌が上達しないとお悩みの方がいらっしゃいましたら喉や口の形にも注意を向けてみてくださいね!

 

 

 

 

過去のブログはサイトマップでご覧いただけます。