見た目が若く見える人の秘密

COCOボーカル教室は「40から始める大人の教室」がコンセプトなので、お客様の年齢層はけっこう高いのですが、全く実年齢には見えない(若く見える)方もいらっしゃいます。肌はつるんとしてるし、声も若々しいし、いつも元気そうに見えるその方に「なにか若さの秘訣があるんですか?」と聞いてみました。

 

そしたら「食事に気を使っている」と教えてくれました。どんな食事をすれば若さをキープ出来るんですか?と聞くと「揚げ物みたいな脂っこいものをあまり食べない」との事でした。でもそれだけだそうです。

 

それだけで本当に若さがキープ出来るのかなぁ、、と疑問に思いますが、実際にその方はとても若く見えるので嘘ではないんでしょうね。

 

 

そこでちょっと調べてみたんです。本当に脂っこいものを食べないと若さをキープ出来るのかを。

 

 

結論から言うと、出来るんだそうです。

 

 

老化を早める老化物質『AGE』の脅威

 

 

中高年になると体の衰えを感じるようになるのですが、けっこう個人差があり、若い人はいつまでも若い。この差を生んでいるのが老化物質の「AGE」なんですって。

 

この物質が体内に蓄積すると

 

動脈硬化、糖尿病、がん、アルツハイマー、筋力の低下、肌のたるみ

 

などを引き起こす原因にもなるそうです。

 

イタリア人1000人を対象にした研究で、AGEの蓄積量が多い人ほど歩くスピードが遅いく、6年後の死亡率が高くなったそうです。

 

しかもこの老化物質は一度体内に蓄積されると15年は消えない!!と言われていて、相当厄介なやつなんです。

 

辛くてこらえきれない失恋の傷だって、もっと早く消えるってのに。。。なのでなるべくAGEの蓄積を増やさないようにする事が老化防止につながるのですが、その為には食事に気をつけるのが一番良いそうです。

 

この厄介な「AGE」はタンパク質と糖が加熱されて茶色くなったホットケーキのようなものに多く含まれているみたいです。さらに高温で加熱するほど含有量が多くなるそうです。

 

なので食事の調理方法としては

 

生 → 蒸す → 煮る → 炒める → 焼く → 揚げる

 

の順番でAGEが増えるんだそうです。

 

と言う事は、揚げ物を食べない人が若々しく見えるのも、納得が出来ます。1日のAGE摂取量を30〜50%おさえる事で約4ヶ月程度で体に良い兆候がではじめるという研究結果もあるそうです。

 

僕はトンカツ&唐揚げが大好物で、1週間に1回はどちらかを食べていたし、3日に1回は焼き魚を食べています。おそらく、相当のAGEを溜め込んでいると思われます。

そして15年消えない(涙)このままでは老化へ向けて一直線です。

 

今日からは茹でたり、煮たりする調理法を心がけて、アンチエイジングを頑張ろうと思ってます。

 

体の衰えが気になる方がいらっしゃいましたら是非試してみて下さいね!

 

以上、まだまだ若いものには負けたくないと強く思っている岩渕がお届け致させて頂きました。