口下手は決して悪いことではない!?

 

みなさん、こんにちは!久保です。

 

今年の夏も暑いですね。

 

これだけ暑いとエアコンは必要不可欠なものでしょうが、そんな中、僕のお家はまだ扇風機しか使ってません!別にやせ我慢してるわけではなく、窓開けて扇風機に当たってれば意外と平気なんですよね、これが・・・(^^;)

 

あと、寝る時にベッドに冷却ジェルマットひいて寝てます。これが、ひんやりしてて気持ちよく、寝苦しさなく過ごせてます(*^-^*)みなさんはこの夏をいかがお過ごしでしょうか?

 

前置きはこのぐらいにして・・・

 

今回は、

 

口下手は決して悪い事ではない!?

 

についてお話しさせて頂きます。

 

ちなみに僕はかつて『自分は口下手だな』と思ってました。

 

結論から申し上げると、口下手は悪い事ばかりではありません!

 

口下手ってあまり良くないイメージのように聞こえますが、口下手な方にはいいところっていっぱいあるんですよ!

 

例えば、、、

 

嘘をつきにくい

 

これはありますよ。

 

口先でごまかすのが苦手で、下手に嘘をつこうもんなら仕草や態度にでるので、すぐにバレます(汗)

 

会話の結論を急いで求めない

 

話したい事を伝えるのが下手な分、考えながらゆっくり丁寧に伝えようとするのが口下手な人。(すごく心当たりがあります・・・苦笑)伝えるのが大変なのを知っている分、相手が話そうとする事、伝えようとする事を最後までちゃんと聞こうとします。

 

口下手は聞き上手

 

自分からはあまり発言をしないので、自然と聞き手に回ることが多いです。以前友人に、話しだけでも聞いてくれるから悩みを打ち明けやすいと言われたことがあります。人って誰でも、自分の話を聞いてもらいたいと心のどこかで思っているもの。聞いてもらう事を嫌だと思う人はあまりいないと思うので、相手の話に耳を傾けることができるというのは、口下手な人の一番いい所かもしれませんね。 

 

などなど、、、

 

このように、口下手な方は人柄が良く、誠実な印象を持ってもらえて実はとてもお得なんですよ(^^♪

 

ですが、口下手な方はそもそも話すことに対してコンプレックスを抱えている方が多いので、少しでも改善出来たら、それってとても素敵なことですよね?(人柄+話し上手=モテモテ!?みたいな妄想しちゃうぐらいワクワクしてきます!)

 

では、

 

話すことが苦手なのを少しでも克服するにはどうしたらいいでしょうか?

 

それには、まずは話し方の基礎を知ることがとても大事。話し方の基礎とはなにか・・・

 

それは大きくあげて3つあります。

 

まず1つ目は、、、

 

ゆっくり話す

 

話すことが苦手な方は、どうしても早く終わらせたい気持ちが働くのか早口になってしまいがち。それだと、どうしても聞きとりにくく良い印象を持たれないので、思い切ってゆっくり話すのが大事です。

 

2つ目は、、、

 

声のトーンを高くする

 

人の耳って、低い音よりも高い音の方が聞きとりやすく出来てるので、話す時はいつもの声より少し高い声を出すようにして話してあげると、聞きやすくなり好印象に繫がりますよ。

 

そして3つ目は、、、

 

抑揚をつける

 

淡々とお話ししてしまうと、話の内容のどこが言いたいポイントなのか理解しづらいので、言いたい事や伝えたいポイントは、なるべく強調して言うようにしましょう!

これを会話の中にいれると言いたいポイントの箇所が、とても際立つので話しの内容がとても聞き取りやすくなりますよ。

 

この3つ普段から心掛けて使うことによって、段々と自然に使えるようになっていきますので、恥ずかしがらずに是非、会話の時に意識して使ってみて下さいね♪

これで、あなたも口下手から卒業できるかも、、、

 

信じるか信じないかはあなた次第です!!

 

 

というわけで、私がお届けいたしました、『口下手は悪いことではない!?

いかがでしたでしょうか?

 

この情報で、少しでもみなさんの苦手克服のお役に立ててれば幸いです。

 

それでは、またお会いいたしましょう!お相手は久保でした(^^♪

 

過去の記事はサイトマップよりご覧頂けます。