寒い時期ってなんで体調を崩しやすいの?

みなさん、こんにちは!久保です。

 

寒くなりましたね。

今年の秋は気温の変化が激しく、急な温度低下で身体が冷えて風邪引きやすいの嫌ですよね~・・・

 

 

でも、今まではなんとなく感覚的に、寒い季節は体調崩しやすいとわかってましたが、そもそも寒い時期ってなんで体調を崩しやすいんでしょうね、、、

 

そんなことふと思って、改めて調べてみました!

 

色々要因はある中、その要因の一つとして、

 

『体温調節機能』が衰えると良くないことが分かりました!

 

『体温調節機能』とは、

 

寒いと感じたら身体をこわばらせたり、震える事により体温をあげようとしたり、

逆に暑いと感じたら汗をかいて体温を下げようとする機能の事です。

 

この機能が衰えると体調を崩しやすくなるのです!

 

普段お家やオフィスなどで、エアコンやヒーターを使って室内の温度調整が

出来る現代では、『体温調節機能』が衰えやすいんです。

運動不足だと筋肉が衰えるのと一緒ですね。

 

では、『体温調節機能』を衰えさせずに過ごすにはどうすればいいのかというと、、、

 

大きくあげて2つあります。

 

その1

 

なるべく暖房に頼らない事!

 

えぇ!

じゃあ、寒くてどうしようもない時はどうすれば良いの⁉︎というと、、、

 

エアコンやヒーターだと、お部屋全体が暖まるので体温調節機能がサボり気味になって良くないです(>人<;)

 

こたつや小さいストーブなどで、冷えやすい箇所のみ(手や足など)を暖める方が、体温調節機能はサボりにくくて効果的ですよ^ - ^

 

 

その2

 

運動する事!

 

寒いから熊みたいに冬眠モードになってはダメという事ですね。

 

寒い冬だからこそ、運動して汗をかく事によって、体温低下を防ぎ、

汗をかく事で、体温調節機能を刺激して鍛える事が大事!

 

特に、朝一番で運動をするのが、その日一日を暖かくポカポカに過ごす秘訣だそうですよ。

代謝も上がってダイエットにも効果的♪

 

 

これより秋から冬に移りかわっていき、まだまだ寒くなっていくと思いますので

少しでも寒さに負けない強い体を作っていきたいですね。

 

日々の散歩や運動など、体を動かす機会を増やして風邪を引かず元気に過ごせるようにしていきましょう。

 

僕も今日からやろうと心に決めました!

3日坊主にならないように(^▽^;)

 

みなさまも徐々にで構いませんので、実践してみてくださいね!