クーラーが美声を奪う!

こんにちは、岩渕です。

 

いよいよ暑い季節がやってきましたね!

 

昨日は宮崎県で30.3℃の真夏日になったみたいで、東京でも練馬で28℃をこえる暑さになったみたいです。

 

急に気温が上がると、体がついていけず熱中症になりやすいみたいなんですが、僕は熱中症になった事が無くて、危険性についてちゃんと分かってないのですが、ヤバい時は命に関わる事があるらしいので、念のため気をつけたいと思います。

 

 

この季節になると、クーラーの出番が多くなりますよね。

というか、クーラー無しで生活するのは、体と心の修行に近いです(汗)年々夏の暑さが過酷になっていく様に思えるのは僕だけでしょうか?

 

一応、地球の気温が昔と比べて暑くなっているのかどうかをネットで調べてみたんですが、なんと、

 

50年前とほぼ変わってない

 

と言う結果でした。

 

僕が生きている間、年々暑くなっているという事実は全く無くて、ただそう感じているだけだったんです。年齢とともに暑さがキツくなってきたのかな、、

 

 

話がそれましたが、今日は

 

クーラーが喉の潤いを奪って声が出にくくなる事!

 

をお伝えしたかったんです。

 

 

 

クーラーは空気中の熱を取ってくれるのですが、その時に空気中の水分も一緒に取っていくので、どうしても乾燥してしまうんです

 

なのでクーラーの効いた場所に長くいると、どうしても喉の潤いがなくなっていくんです。

 

人間の喉には、ある程度の潤いが無いと声帯が自由に動いてくれないので、乾燥は大敵です!この時期になると「最近なんだか声が出にくい」とおっしゃる方が増えてくるんですが、おそらくクーラーの影響が大きいと思われます。

 

僕もそれは毎年実感していて、クーラーの効いた部屋にしばらくいると、声を出した時に、喉が重たい感じがするんです。弱気な喉だなって思われるかも知れないんですが、本当に声が出にくくなるんです。

 

クーラーに負けないよう、喉をいたわる

 

とにかく喉の乾燥がいけませんので、まずは水分をちょこちょこ飲むようにするのが1番です!

 

いまさら言われなくても皆さんご存知と思うのですが、自分で思っている以上に喉は乾燥しますので、小分けにしてちょこちょこと摂取するのがオススメです!

 

あとは、日常の中で定期的にうがいをして、ウイルスやほこりを洗い流してあげて下さいね!人が大勢いるクーラーの場所(特に電車)ではマスクをつけてあげると更に喉は喜びます。

 

喉がどれくらい乾燥しているのかは、自分でも分かりにくいので、美しい花をいたわる様に、喉もいたわってあげて下さいね!

 

 

過去の記事はサイトマップよりご覧頂けますので、電車の移動中にでも覗いてみて下さい。