カッコ良く歌いたい時のコツ♩

皆さんこんにちは

 

講師のショウヘイです。

 

 

皆さん、教室のカラオケルームはもう使って頂けましたか?!

 

他の生徒さんの前で歌う事って

上手く歌えるか心配になったりして、

少し緊張しちゃいますよね(^^;)

 

 

そこで今日は

 

カッコ良く歌うコツについて

 

書いていこうと思います!!

 

2通りの方法を書くので、

まずは取り組みやすい方にチャレンジしてみて下さいね。

 

 

まず1つ目は・・・

 

 

【本人の歌い方をマネしてみる(なりきる)】です♪

 

例えばYoutubeで本人の歌唱動画やPVなどを見て

歌っている時の表情や、振り付け(手や体の動き等)をマネしてみて下さい。

 

鏡を使って自分の動きをチェックすれば、より本人に近づきますね(^^)

  

表情や振り付けがあるだけで、歌っている時の雰囲気がグッと出て

聞いている人にとってもカッコ良く聴こえて(見えて)きます!

 

余裕があれば本人の声もマネしてみて下さいね♪

 

 

 

次に2つ目は・・・

 

 

歌詞をセリフの様に音読してみるです♪

 

この時、歌詞(セリフ)に音程はつけなくでOKです!

ポイントは「滑舌」と「棒読みにならない事」をです。

 

例えば「愛してる」というセリフ(歌詞)が

よく聞こえなかったり(滑舌が悪い)、棒読みに読んでも

感情が伝わってこないと思います。

 

一つ一つのセリフ(歌詞)に感情や雰囲気が出るような

読み方(演じ方)を試行錯誤してみて下さい(^^)

 

慣れてきたら、いよいよ歌です!

 

歌になっても、音読の時に掴んだ感情や雰囲気は残したまま

歌って見て下さい♪

 

きっと曲の雰囲気や感情が歌に乗って、気持ち良くカッコ良く歌えるはずです!!!

 

 

両方とも発声の技術とは少し違うアプローチの方法ですが、

この練習をするだけで、必ず1つステップアップした歌を披露する事が出来ると思います!

 

 

両方とも自宅等で練習がしやすいので、

是非その成果をカラオケルームで講師や他の生徒さんに聞いてみてもらって下さい!