『ハモる』ためのコツ

みなさんこんにちは。

久保です。

 

日中が大分暑くなってきましたね。

 

夜は逆に結構冷えるので、薄着で寝てしまって、風邪ひかないようにお気をつけ下さいね。

 

 

昔から僕は、歌番組や映画で流れてくるハーモニーがとてもキレイな曲を聴いていると、無性に誰かとその曲をデュエットしたくなります!

 

 

デュエットって、2人の息が上手く合って『ハモれる』と、1人の時には味わえない、何とも言えない高揚感があってとても気持ちいいんですよ♪

 

 

 

今回は、

 

 

デュエットの時に気持ちよく『ハモる』ためのコツ

 

 

を僕がお伝えいたします♪

 

 

 

そもそも「ハモる」という言葉ってなんとなく意味は分かってましたが、ちゃんと調べた事がなかったので、改めて意味を調べてみました。

 

 

ハモるの語源は、「和声」「調和」を意味する「ハーモニー」に、動詞化させる「る」をつけたもので、ハーモニーを作る 、コーラスパートを歌うといった意味で使われてます。結構昔からあった言葉のようで、1950年代から使われていたようです。

 

その他、音楽以外で人間関係の調和を取るという意味で「ハモる」とも使われていたそうです。

 

 

話はそれましたが、ここからが本題!

 

 

僕はこれまで、自身の音楽活動で「ハモる」ことに多く触れてきました。

 

最初は本当に覚えにくい・・・!

結構苦労しました(汗)

 

でも、僕は以下の練習をしてハモる感覚を手に入れてきました。

その練習方法を今回3つのステップに分けて紹介させて頂きます!

 

 

3つのステップ

 

 

ステップ1… 

 

まずはハモりのパートをしっかり覚える。

 

youtubeやカラオケでハモりのパートだけ歌われてるものがあるので、それをうまく使って覚えてみてくださいね♪

 

 

 

ステップ2… 

 

メインのメロディが歌われてる曲をかけて練習する。

 

youtubeやカラオケにメインのメロディだけのパートもありますので、それを使って自分1人でハモれるように練習してみてくださいね♪

 

最初はメインのメロディにつられやすいので、まずは両耳を塞ぎながら、覚えたハモりのパートを歌ってみる。

慣れてきたら片耳、両耳と外しても歌えるようにしましょう!

 

 

 

ステップ3… 

 

ご本人の曲で練習してみる。

 

ステップ2同様、メインのメロディにつられないように最初は耳を塞ぐ作戦でやるとやりやすいですよ。

 

この3つをしっかり練習すれば、ハモる事が出来るようになってるはずです!

 

 

僕は未だにこの作戦でハモりを覚えてます^_^

 

是非試してみて下さいね♪