「目標」に秘められた凄いパワー

 

こんにちは、岩渕です。

 

このところ毎日ジメジメしますね。

 

パッとしない天気が続き、雨も降ったり止んだり出し、なんか気分が乗ってこない、、、なんてことはありませんか?

 

人間は太陽の光を浴びると、幸せホルモンの一つである「セロトニン」の分泌が促進されて明るい気分になれるのですが、最近のような空模様ではセロトニンが不足しがち。気分が乗ってこないのも仕方ないかもしれません。

 

 

 

しかし、太陽の力を借りなくても、私達のやる気を十分に発揮できる技があります!

 

 

明確な目標を持つ事が眠ったパワーを引き出す

 

 

目標を持つ事は大切な事だって、みんな知っている事だと思うのですが、果たして目標を持つ事が、どれくらいの効果を持ってるのでしょうか?

 

 

 

ハーバード大学でこんな調査が行われました。

 

 

 

大学の卒業生に

 

「未来について明確な目標を書き、それを達成するたの計画を立てていますか?」

 

という質問用紙を配ったそうです。

 

 

 

 

「Yes」と答えたのは全体の 3%

 

 

「目標はあるけど書き出してはいない」は 13%

 

 

「目標は持っていない」は 84%

 

 

 

ハーバード大学に通った知的な方々でも、目標が決まっていないという、意外な結果ですよね。

 

 

でも、もっとビックリするのはここからです。

 

 

10年後、この卒業生達を調査したら、どうなっていたと思いますか?

 

 

「目標はあるけれど書き出していない」と答えた人は「目標はもっていない」と答えた人よりも2倍の年収になっていたそうです。

 

 

そして、「明確な目標を持っていて書き出している」と答えた3%の人たちは、他の97%の人よりも

 

 

「10倍」の年収になっていたそうです。

 

 

あくまでも1つの調査結果なので、目標を持つ事が成功する事、では無いのですが、目標を持つ事には何かしらのパワーが秘められているように感じます。

 

 

シンプルに考えると、行き先があるから向かうって事ですよね。逆に行き先が無い時は立ち止まり、前に進まないのも当たり前な気がします。

 

 

なので行き先さえしっかり決まれば、我が身は自然にそちらにたどり着くようになっているのではと思います。

 

今日の夜は絶対にカレーが食べたい!と思えば、きっとその夜はカレーを美味しく食べてますね(笑)

 

 

 

以上、岩渕がお届けいたしました。